いやしの楽々庵|愛知県岡崎市の心理カウンセリング

いやしの楽々庵|愛知県岡崎市の心理カウンセリング

愛知県岡崎市で心理カウンセリングを行っています。気持ちの切り替え(怒り、悲しみなど)を得意としてます。

ブーログ › いやしの楽々庵|愛知県岡崎市の心理カウンセリング

2018年05月28日 12:03  カテゴリ:こんなお悩みにはカテゴリ:スマイリーのつぶやき

笑顔の集団からなぜか距離を置いてしまう・・

一人ひとりの心と人生に笑顔の花を咲かせる花咲か先生こと
心理カウンセラー&セミナー講師のスマイリー米澤です。


つい最近まで、私は笑顔の集団を見ると何故か

距離を置いてしまう癖がありました。

一人ひとりの笑顔は大好物なんですが、

集団になるとどうも苦手だったんです。



何となく馴染めない

何か眼に見えない分厚い壁を感じていましたし、

人から壁を感じると言われた事も何度かありました。


それでも今まで生活に困るほどの事でもないので

気にしてなかったのですが、

最近になってこれを変えたら人生が大きく変わるかもしれない。

そんな気がして今回これに取り組んでみました。


最初はスマイルカウンセリングを使おうとしましたが

幼少期からの事だったので原因となった場面が

どうしても特定できず断念しました。

場面が特定できないと溜め込んでいる思いがうまく言葉化できなくて

解消することが難しいのです。


そこで次は最近開発したスマイル瞑想を使ってみました。

スマイル瞑想は身体の反応をそのままメッセージとして扱うので

原因となった場面を特定する必要がなく、言葉化も不要なんです。

実際にやってみると、身体にいろんな反応が出ました。

胸が苦しい感じとか頭に血が上る感じ

そして、胸や頭や胃にズキズキっと痛みが走った後

すーっと壁が消えてゆきました。


そして壁がなくなる時ふと原因が見えたんです。


それは実は、私が幼い頃に母親が感じていた感覚だったんです。


当時、母は家の中で孤立していました。

いわゆる嫁姑の確執というやつです。

祖母は母を疎ましく思っていましたが父をとても可愛がっていたので

母に内緒でいつも父に美味しいものを食べさせていました。

母はその事に気づいていましたが無表情で何も言わず

笑顔で話す祖母と父に対して強い疎外感を感じていたようです。


当時の私はそれをただ見ていただけでしたが

本能はそんな母を自動的にコピーしていたんです。

壁を作ってしまう潜在意識の出来上がりです!


それ以来、私は家族から心の中で孤立しました。

普段はまったく普通なのですが、

父と母、姉が楽しそうに会話しているのを見ると

何とも言えない疎外感を感じて近寄ることができず

遠くからじっと見ているだけでした。


今、母は妻に内緒で私によく美味しいものを食べさせてくれます。

母もまた祖母の行動を自動的にコピーしていたんです。

おそらく、祖母と同じ事をしている自覚はまったくないと思います。


潜在意識ってそういうものですから・・


自分が今後どう変わっていくのか、とても楽しみです!^^


最後までお読み頂きましてありがとうございました。  


Posted by スマイリー │コメント(0)

2018年05月27日 11:51  カテゴリ:こんなお悩みには

理不尽な人って・・

一人ひとりの心と人生に笑顔の花を咲かせる花咲か先生こと
心理カウンセラー&セミナー講師のスマイリー米澤です。


世の中理不尽な人ってあちこちにいますよね。


幸い、私は理不尽な上司にしか出会ったことはありませんが

理不尽な親とか
理不尽なお客様とか・・

どうしてそんな事ができるのか不思議に思いますが

一方で、理不尽かどうかの判断基準も実は

あいまいな感じがします。


例えば、バレンタインとホワイトデー

なぜ3倍返しなのか?(笑)

男性から見ると理不尽な気もしますが・・

女性からすると正当だと思っている人も多いのでは?


大体、多くの争いごとは相手が理不尽だと思うから起きていると考えれば

世の中、理不尽があって当たり前なのかもしれません。

みんな、心の奥では本当はこうしたいああしたいと思いながらも

理不尽だと思われたくないから自分を抑えている。

だから、理不尽な人は少なく見えるだけかもしれません。


ではなぜ、理不尽な人はそのリスクを犯してしまうのでしょうか?


策略家や上からの圧力がかかった場合を除けば

理不尽な事をする人はとても感情的です。

つまり強い衝動に負けてしまっていると言えます。


人間は何か満たされないことがあると

それを記憶の中に溜め込んでいきます。

忘れたつもりでも決して忘れていません。

そして、似たような状況になった時に全部いっぺんに

思い出してしまい、元を取ろうとします。


適度なところで元が取れればいいのですが、

余りにも多くの事を溜め過ぎてしまうと

衝動が爆発してしまい理不尽になってしまうんですね。


そして問題なのは、理不尽が通ったとしても

潜在意識に埋没した過去の不満は満たされないので

何度も理不尽を繰り返します。


不満が溜っているかもと思った方はご注意くださいね。

気付かないうちに理不尽になっているかもしれません。


不満はエネルギーなので、使えばなくなります。

上手に言葉化して吐き出し、誰かに受け取ってもらえれば

消えてなくなります。


腹を割って話せる相手がいない場合は

安心安全な心理カウンセリングをご利用ください。


最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。  


Posted by スマイリー │コメント(0)

2018年05月26日 12:14  カテゴリ:こんなお悩みには

人は立場でコロンと変わる!

一人ひとりの心と人生に笑顔の花を咲かせる花咲か先生こと
心理カウンセラー&セミナー講師のスマイリー米澤です。


心とはコロコロ変わるものだからココロと言う。

そんな話を誰かから聞いた事があります。

真実かどうかは別として実際に心はコロコロ変わります。


では、人格はどうでしょうか?



一般的には、病的な多重人格(解離性同一性障害)でない限り

人格は変わらないとなんとなく思われがちですが

これもまた良く変わります。

コロコロと言うより、コロンと変わります。


どの瞬間に変わるかと言うと、立場が変わった時です。


とても部下思いだった上司がトップに立ったとたんに

強権的になるとか、

DVを受けて育ち、DVなんて絶対許せないと思っていた人が

親になったとたんにDVをしてしまったり・・


人格を入れ替えるというのは

人間が複雑な社会に適応するために身に着けた能力なので

意識するしないに関わらず

自動的に切り替わってしまうので

どうしようもありません。

では、どんな人格になってしまうのでしょうか



それは、今まで自分が見聞きしてきた

その立場の人の人格です。


親にDVを受けた人の場合、

親の立場の人格はDVをする人なので

自分が親になったらDVをしてしまいます。


強権的なトップの下で一生懸命働いてきた人の場合、

トップの立場の人は強権的な人格なので

自分がトップに立つと強権的になります。


これを避けるためには、自分が望む人格を持った人との

時間を長く取ることです。

そうすれば理想の人格が出てくる可能性が高くなります。


会社員であれば、将来理想の上司になりたいなら

理想の上司がいる職場に異動してもらうとか

場合によっては転職する必要があるかもしれません。


ところが、DVを受けて育った大人が

理想的な親の人格を持った人に育て直してもらうと

いうのは無理があります。

この場合お勧めするのは、記憶の中の親と仲良くなることです。

そうすれば、子供と仲がいい親の人格が出てきて

DVをしてしまうことはありません。


ここで言う親とは現在の親ではなく、記憶の中の親です。

難しそうに感じるかもしれませんが、記憶の書き換えは可能です。


必要であればご相談ください。



最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。  


Posted by スマイリー │コメント(0)

2018年05月24日 12:46  カテゴリ:こんなお悩みには

テレビを見ていてPTSDになる事がある。

一人ひとりの心と人生に笑顔の花を咲かせる花咲か先生こと
心理カウンセラー&セミナー講師のスマイリー米澤です。


最近、やるせない事件が多いように思いますが、

皆さん、体調は大丈夫でしょうか?




5月10日以降、日大アメフト部選手の悪質タックル事件に関する報道が連日

テレビで流れています。


悪質な行為は決して許されることではないものの、当時の監督やコーチからの

圧力を考えると二十歳の学生がそれを断れるのかどうか

実際にその立場に立たされてしまうと想像を遥かに越えて難しいことが

アメリカの心理学者ミルグラムの実験で明らかになっています。

実験の要約:
普通の平凡な市民が一定の条件下では冷酷で非人道的な行為を行ってしまうことを証明した実験。
被験者は生徒役の人物に対して電気刺激を与えるよう教師と称する人物から指示を受けますが、
生徒が絶叫するなか死んでもおかしくない450Vまで指示にしたがった人が、40人中26人もいた。

人間は社会生活を営む動物でなので
権威者の指示に従うという特性を本能の部分にもっていて
理性ではなかなかコントロールできません。

なので、権威者から指示を受けてしまうと
相手が死ぬかもしれない事であっても65%の人は実行してしまうのです。

これはとっても恐ろしい事ですが事実です。


反則をした学生の件に戻りますが

二十歳の学生が絶対的な監督から指示を受けたとなれば、

ミルグラムの実験よりもさらに何倍も過酷な状況だった訳で

断れる人はほぼいないと考えられます。


最近、いろんな不正事件が明るみになっていますが

大抵のものは自分の欲求を抑えられなかったというものなので

テレビの聴衆としては怒りを抱くだけですみます。


ところが今回の件では、

意に反して反則を行わなければならなくなった苦悩の経緯が

記者会見で詳細に語られ明らかになっことで、

当時の学生と同じ苦しい状況を疑似体験してしまった方が

少なからずいるのではと思われます。


実は私も学生の記者会見を見た後から

訳の分からない強烈なざわつきを胸から腹にかけて感じ、

夜、寝る時間になっても一向に治まらず、

どうにも居た堪れない状態になってしまいました。


恐らく、軽いPTSDに掛かったと思われます。


ネットで調べたところ、災害救援者のPTSDに関する調査結果を見つけました。

それによると、災害関連のテレビを4時間以上視聴した人にPTSD症状が強く見られるそうです。

今回は災害ではありませんが、日大の選手が置かれていた非常に過酷な心理状況を

考えたら、災害と同じと考えてもよいのではないかと思います。


被災者に限らず、救援者のPTSDも放置して治るものではありません。

状況に応じて薬物療法や心理療法が必要ですが、

これらを行っても落ち着くのに半年~数年くらいはかかるようです。


幸いにして今回、私はスマイルカウンセリングスマイル瞑想が使えたので、

学生、監督、父親、コメンテーターなど登場人物全員の思いを

ある手順で受け止めていく事ですぐに治まり

事なきを得ましたが、

眠れなくなってしまった方もお見えになるかもしれません。


かなり前の話になりますが、

テレビを見ていて急に訳もわからず自殺したくなり

青木ヶ原の樹海で自殺未遂をしてしまったという方の

カウンセリングをしたこともあります。


もし何か気持ちや身体が変だなと感じた方が見えましたら

こじれる前に専門家に相談をされることをお勧め致します。


最後までおよみ頂きまして、ありがとうございました。  


Posted by スマイリー │コメント(0)

2018年05月23日 04:03  カテゴリ:スマイリーのつぶやき

社会保障ってホントに大丈夫なの?

一人ひとりの心と人生に笑顔の花を咲かせる花咲か先生こと
心理カウンセラー&セミナー講師のスマイリー米澤です。


5月21日に政府が発表した社会保障給付費の見通しによると

現在のペースで年金、医療、介護費用が増加すれば

2040年には社会保障費が現在の121兆円から190兆円に膨れ上がるそうです。



今後ますます就業者数が減っていく日本において

社会保障費がこんなに膨れ上がってしまえば

もはや税率や小手先の政策でどうにかなる問題と

思えないのは私だけでしょうか?


抜本的な対策が必要ですが、

みじめな老後は嫌なので年金は減らしたくありません。

そこで、大胆な妄想をしてみました。


医療費を現在の半分にする!

医療業界からは反発を受けそうですが、ごめんなさい。



しかし、どうやって?


病は気から・・


病気の原因になっているストレスを半減できれば

どうにかなるんじゃないの?(とっても大胆な妄想です!^^)


免疫系の問題に由来しない感染症や、事故、怪我、

遺伝子の異常によって起こる病気は変わらないかもしれないが、

大半を占める慢性疾患やガン、心血管疾患、脳血管疾患が

ストレスと密接に関係していることは周知の事実です。


ストレスとの因果関係はまだ十分に解明

されている訳ではありませんが、

ここに賭けてみる価値は十分にあると思うんです。


もし、医療費が減らせなかったとしても

ストレスが半減すれば人々の幸福度は増加するので

悪い話ではありません。


じゃあ、どうすればストレスを半減させられるのか?


ストレスの大半は潜在意識の中にあり

意識できるものはほんの一握りです。

意識できる部分は悩みとして認識されるので

病気を引き起こすストレスは基本的に

意識できていないストレスと考えられます。


悩みでないとすると、

従来の心理カウンセリングではうまく対応できません。


そこで新しく必要になるのは

個々の病気を作り出す具体的なストレスの特定と

それを確実に消去する方法です。


これが実現すれば、病気が治せるだけでなく

予防も可能になります。


今はまだやっとその糸口が見えてきたところですが

2040年に間に合うよう頑張ってまいりますので、

ひそかに期待しててくださいね!^^


私の妄想に最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました。  


Posted by スマイリー │コメント(0)

2018年05月22日 17:02  カテゴリ:こんなお悩みには

自分を変えたい時、どうしてますか?

一人ひとりの心と人生に笑顔の花を咲かせる花咲か先生こと
心理カウンセラー&セミナー講師のスマイリー米澤です。


こんな自分、さっさと変えたい!
あんな風になれたらいいのになーー


こう思っている人、

多いんじゃないかなと思います。



変わりたいと思ってすぐに変われる人もいるかもしれませんが、

基本的に人間はなかなか変われないように出来ています。


習慣を変えるためにはその行動を何度も

繰り返す必要がありますが、そもそも1度もやれてないとか

全然続かないというのが現実ではないでしょうか?


これは、変わろうとしたときに

イヤーーーーな感じ!になるからです。 よね!^^


こんな事したら、変に思われるんじゃないか・・
こんな事やり方したら、嫌われるんないか・・
考えただけで面倒くさい、気が重い・・


いろんなことが浮かんで身体は重くなるばかり・・


こんな状態では、新しい事を始めるのはとても大変だし、

何とか始められたとしても続けるのはもっと大変です。


そこで、今日はこの

イヤーーーーな感じを消す方法をご紹介します。


まず、イヤーな感じとは潜在意識からの

「変わりたくないよー!」

と言うメッセージと考えます。


潜在意識はとても根性がある(笑)ので、

無視しようとしてもメッセージは消えません。

こちらが諦めるまで訴えかけてきます。

でも逆に、受け取ってあげれば消えるんです。


では、どうするか

具体的な手順は2ステップです。

①これからやる事を短い宣言文にして
頭の中で繰り返しながらイメージします。

 →この宣言に対して、変わりたくない潜在意識は
  メッセージとしていろんな感覚を身体中に発生させてきます。
  身体にどんな嫌な感覚が出てくるのか注意深く感じ取ってください。

②嫌な感覚(メッセージ)に意識を置きながら
「そうか、、そう・・思ってたんだ!」と3回唱えます。

10秒くらいで嫌な感覚が和らぐのが分かると思います。


潜在意識の思いは1つじゃないかもしれません。

一つ受け取るとまた次のメッセージが来る場合がありますので

必要に応じて①、②を繰り返してください。


嫌な感覚が十分小さくなれば、後は実行するのみ!^^


頑張ってください!(あっ、頑張らなくてもできるはずです。笑)


今回ご紹介したのはスマイル瞑想です。
いろんな応用ができますので、ご興味があれば
スマイル瞑想の個人指導をお試しくださいね。


最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。  


Posted by スマイリー │コメント(0)

2018年05月21日 12:49  カテゴリ:こんなお悩みには

抗うつ薬を信じていいのか?

一人ひとりの心と人生に笑顔の花を咲かせる花咲か先生こと
心理カウンセラー&セミナー講師のスマイリー米澤です。


私は心理カウンセラーなので、薬の専門家ではありませんが

薬に対して今まで一定の評価をしてきたつもりです。

大規模な臨床試験によって有効であると認められたから

発売している。そう信じていました。


ところが先日、ウィスコンシン医科大学の高橋徳教授から

とても気になる情報を聞いたのでネットで調べてみました。

日本うつ病学会 理事長 野村総一郎氏の文書
抗うつ薬で自殺は増加するか?」によると

 未成年の大うつ病患者に関して
 抗うつ薬SSRI、SNRIの効果はプラセボ(偽薬)との差がない。
 また、自殺企図・自殺念慮のリスクはプラセボの1.66倍もあり、
 米国食品医薬品局(FDA)は未成年のうつ病患者への投薬に警告を出している。

とのこと。


おいおい、だったらなぜ投薬禁止じゃなくて警告なの?

と言いたいところですが、ここには重要な事実があります。


自殺しないように周りが注意してさえいれば、偽薬と同じ効果が

得られるという事です。


それならいっそ、副作用のない偽薬を処方してくれればいいのにと

思ったりもしますが、偽薬とばれたら後で大変な事になるので、

医者としては副作用に注意しながら薬を処方するしかないようです。


高橋徳先生の言葉によると、SSRIの効果は薬の成分によるものではなく

医療関係者の温かく優しい対応によるもではないかとことでした。


うつを治すには薬しかないと思っている方は病院へ行くしかありませんが、

元々心の病であるなら心のケアで治ってもいいのではと考える人には

様々な選択肢があります。


オーソドックスなのは心理療法。

やさしく話を聞いてくれるだけでも偽薬と同じ効果?が期待できます。

さらに、原因となった出来事の記憶がすっきり整理できれば

再発のリスクも減ります。

統計によると、心理療法と薬物療法は効果において同等だが

再発リスクは心理療法の方が低いという事が明らかになっています。


高橋徳先生がお勧めするのは「ありがとう禅」。

ありがとう禅を行うと、心に良い影響を与えるホルモンが

優位に増加するそうです。

オキシトシン→抗ストレス作用
オピオイド→鎮痛作用


ありがとう禅は広島大学の教授であり僧侶でもある町田宗鳳先生が

考案され、今やアメリカ、フランス、台湾にも広がっていますが、

沈黙して行う一般的な瞑想よりも簡単であり

誰でも効果を体感しやすいとの事です。

実は宗鳳先生自身、黙ってやる瞑想は苦手とおっしゃってました。


また、最近注目されているのは運動療法

ほどほどの有酸素運動を疲れない程度に行うというものですが、

動けないというのがうつの症状でもあるので

治療というよりも再発予防として考えるのが良さそうです。


以上は本人に対してのアプローチですが、

私は、それと同じくらい大切なのは

家族へのアプローチだと思っています。


入院している場合は別ですが、多くの場合は自宅療養です。

この場合、家族が毎日どう接してくれるかは

医療関係者のプラセボ効果をはるかに上回ります。

家族がゆったりとした気持ちで温かく接してあげることができれば

回復は何倍も速くなります。


しかし、ひどく落ち込んでいる本人を見続けることで

家族も憂鬱な気分となりやすく、また

生活費の事を考えると不安で押しつぶされそうになる

と言うのが現実です。


そこで、症状が酷い段階では家族へのカウンセリング。

ある程度回復してきた段階では本人へのカウンセリング

が最適ではないかと考えております。


統計的には心理療法と薬物療法の効果は偽薬と同じとのことですが、

ここでいう心理療法とは単にやさしく話を聞いてあげたり

本人に今までと違う考え方を見つけてもらうという療法です。

本当の原因にアプローチした場合の効果は偽薬を遥かに上回りますので

ぜひお試しいただければと思います。


お客様の声はこちら
47年間の悩み(うつ)を解決できました。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

  


Posted by スマイリー │コメント(0)

2018年05月19日 10:57  カテゴリ:こんなお悩みには

嫌なことはやらなくていい?

一人ひとりの心と人生に笑顔の花を咲かせる花咲か先生こと
心理カウンセラー&セミナー講師のスマイリー米澤です。


嫌な事はやらなくていい!
それは得意な人に任せて
あなたはやりたい事をすればいい!


最近、こんな感じの事をいう成功者をよく見かけます。


確かに、嫌な事を引き受けてくれる人がいるなら

それも可能ですが、世の中そう都合良くはできていません。

特に会社員の場合、会社にどれだけ働きかけても

どうにもならないというケースが多いように思います。


ではどうすれば、これに近づけるのでしょうか。


今日は


「嫌い」を「好き」に変える。


という方法をご提案したいと思います。


これなら、嫌なことをする必要はありません。

好きな事なら能率が上がるので成果も出せます。


「いやいやそうは言っても、嫌いなものは嫌い。

簡単にできるんなら苦労はしないよ!」


そう言われてしまいそうですが、

よく考えてみてください。

自分が嫌いなことを好きとという人もいる訳で

結局、好きか嫌いかって100%主観なんです。


完全なる思い込みであって

客観的な現実じゃないんです!


しかも、感情はエネルギーなので使えば消えてなくなります。

そして物事には2面性があるので

「嫌い」を消せば、その奥から「好き」が出てきて笑顔になれます。


潜在意識の中に「嫌い」が沢山あると

人生は窮屈になってしまいます。

逆に「嫌い」を消していくと、どんどん自由になっていきます。


自由に生きられる人が増えたらいいなと思います。



「嫌い」を「好き」に変える。

ぜひ、お試しください。



最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。



「嫌い」を消したい方はスマイル瞑想をお試しくださいね。

スマイル瞑想の個人指導

◆お問合せは->こちら
  


Posted by スマイリー │コメント(0)

2018年05月18日 12:02  カテゴリ:こんなお悩みには

素直になれない時、どうしてますか?

一人ひとりの心と人生に笑顔の花を咲かせる
心理カウンセラー&セミナー講師のスマイリー米澤です。


素直になれたらいいのに、

でも、素直になれない・・



先輩や上司、友人などがあなたの事を思って

何かアドバイスをしてくれたのに、


理屈では確かにその通り。

そうできれば現状はもっと良くなる。

そう分かっていても、でも

従えない事って感じること

一度くらいはありませんでしたか?


身体が何か拒絶している感じ・・


それでも、アドバイスしてくれた人が

とても尊敬している人であったり、

とても信頼できる友人であれば

グッと我慢してとりあえず従ってみることができます。


結果がすぐに出てくれれば、

あー、やっぱり言われた通りやって良かった!

と思えるんですが、


我慢する状況が長く続くと挫折しがち


あんなに気に掛けてくれてたのに、言われた通りできない自分は

やっぱりダメだ・・

とさらに凹んでしまう

悪循環にはまってしまう方がいます。


潜在意識がNo!と言っているのに

無理やり意思の力で頑張ろうとするから

苦しいし、挫折してしまうんです。


今日は、そんな頑固な潜在意識をお持ちの方のために

潜在意識をなだめて


やるべき事がもっと素直に楽にやれる方法を

ご紹介したいと思います。



では、素直になれないとき

あなたの身体にはいったい何が起きているのでしょうか?


おそらく、

眉間にしわが寄ったり
胃のあたりギューとなったり
喉や口の周りに力が入ったり
身体が重ーく感じたり
身体じゅうに力が入ったり
胸が苦しくなったり

いろんな反応があると思いますが、

これこそが潜在意識がNo!と言っているサイン。

あなたが素直になれなくなっている直接の原因です。


この反応に逆らって、

重い身体を引きずって無理やり行動したり、
嫌な感覚を抱えたまま行動していたら

いい結果なんてなかなか出ないし

メチャクチャ疲れるから長続きするはずがないですよね。


じゃあ、この身体の反応

どうすればいいのでしょうか?


潜在意識も実は人です。

厳密には、過去の自分や過去に出会った人達なんですが

人である以上、その思いをちゃんと受け取ってあげれば

クールダウンして無理に邪魔したりしなくなるんですが、

無視しようとすると、執拗なまでにヒートアップして

手に負えなくなります。


潜在意識の思いを受け取るといっても

潜在意識は何も言ってくれないし・・


でも、大丈夫です。


言葉は共通の言語を持っている人の間で
思いを伝えやすくする道具なんです。

だって、「辛い!」と言ってみても
日本語を知らない外国人には何も伝わらないでしょ!

逆に、辛いと言う表情(顔の反応)を見せれば
何も言わなくても伝わります。

だから、言葉にすることって必須ではないんです。


もちろん、言葉にできれば色んな事が見えてくるので、

興味と時間があるという方は是非挑戦して頂きたいのですが、


今回はもう少し簡単な方法をご提案したいと思います。

それは、


身体の反応を潜在意識からのメッセージとして
そのまま受け取る。

という方法です。


素直になれない時、

身体には意識できている反応以外にも、沢山の反応が出ています。


まずは反応を2つ見つけるようにしてみてください。

そして両方に意識を置きながら、

「そうか、、、そう・・思ってたんだ!」と3回唱えてみましょう。


身体の反応がなんとなく弱まった感じがあればOK!です。

残った反応があればそれに対して繰り返してもらっても構いません。


身体の反応が変わると、

気持ちも変化していることに気づくと思います。


毎日が素直に気持ちよく生きられると

良い事が次々に引き寄せられてきます。


今日もよい一日をお過ごしくださいませ。


最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。



※今日ご紹介したのはスマイル瞑想の使い方の一例です。

スマイル瞑想とは
スマイル瞑想の個人指導
 解決したい問題についての具体的なやり方やコツについて
 丁寧にお伝えさせて頂いております。
◆お問合せは->こちら
  


Posted by スマイリー │コメント(0)

2018年05月17日 11:37  カテゴリ:こんなお悩みには

「情けない!」は存在価値の否定?

一人ひとりの心と人生に笑顔の花を咲かせる
心理カウンセラー&セミナー講師のスマイリー米澤です。


何て馬鹿な事をしたんだろう。
あー、情けない!

みなさん、そう思った経験ありませんか?

そんな時には身体がどんよりと重くなり
しばらくは何もやる気が出なくなったりしますよね。


何年か前ですが、車で車線変更する時に
猛スピードで追い抜きをかけてくる車が
死角に入っていることに気づかず
接触事故を起こした事があります。

軽く接触しただけなのでお互い怪我もなく
人身事故にはならなかったのは幸いでしたが

1週間は気が重く、仕事が手につかなかったことを覚えています。

このように軽い事故であれば、車の修理が終わり
保険の処理が済むことで徐々に忘れ、
普通の状態に戻ることができますが

精神的な被害に会ってしまった場合は
事情が変わります。

被害が形で見えない分、
逆にいつまでも残ってしまいます。

たとえば、ハラスメント

繰り返し嫌がらせを受けたり
罵倒を浴びせられたり
様々なケースがあると思いますが。

「死ね!」「消えろ!」

というのは最悪なケースと言えます。

このような言葉は記憶に刻まれて、長期間にわたって
自分の内部から心身を蝕んでゆきます。

人は「自分にはこれだけの存在価値がある!」
と思える分だけしかエネルギーが出ないように出来ています。

なので、存在価値が否定されてしまうと

否定された分だけエネルギーを失い、

動くことも考えることもできなくなってしまいます。

これが、

「どんよりとした気分や身体が重い」という状態の正体です。


情けないと言う言葉には

自分の存在価値を否定する要素が含まれているということですね。


多くの人はかろうじて残っているエネルギーを使うことで行動し、

自分の存在価値を再発見して復活することができますが、

中にはさらに深みに嵌っていってしまう人がいます。


どんな人かと言うと、

エネルギーを失い、能力が低下している自分の存在価値を
認められない人です。


結果を出した時にしか認められない、褒められない

そんな環境で育って来た人は自分の存在価値を確保するため

非常に勤勉に努力します。

そして、大抵の場合よい結果を残します。

ところが、どんなに頑張っても結果が出ない時や

不当に低く評価される瞬間は必ず来ます。

その時に、

このような人は自己否定のループに嵌っていてしまうんです。

エネルギーを失う→自己否定→さらにエネルギーを失う



では、どこまで落ち込むのか?


生きているだけでも価値がある。

そう思える度合いが高いか低いかで決まります。


度合いの高い人は落ち込む深さが浅いのですぐに復活できますが

度合いの低い人はほぼゼロの状態まで落ちてしまい復活が困難になります。


赤ちゃんとして生まれて来た時

あなたには何の能力も何の実績もありませんでした。

それでも、お母さんはあなたを愛し育ててくれました。


そのことを考えれば、

生きているだけでも価値がある。

と少しは思えて来るのではないでしょうか?


でも残念ながら、愛された記憶がないという方もいます。


そんな方は、イメージの中で

子供の頃の自分を抱きしめてあげてください。


ひょっとすると、

子供の自分はあなたを不審者のように見るかもしれません。


それでも、抱きしめてあげてください。

やがて表情が緩み、笑顔に変わります。


どうしても笑顔にならない場合は
スマイルカウンセリングをご利用ください。


最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。  


Posted by スマイリー │コメント(0)